2024/5/302024/6/2

『袖のところにも刷ってもらった』 / 『イヤフォン』 / “curry”

『袖のところにも刷ってもらった』 / 『イヤフォン』 / “curry”

井出明日佳

土田高太朗

長沼航

野田帰里

阪本皓貴

於 水性|東京都 中野区新井1-14-14

 

1. 『袖のところにも刷ってもらった』

井出明日佳(出演)、土田高太朗(美術)

《上演の日程》
2024/5/31 (金) 20:00- *上演後の意見・質問を共有する会に阪本皓貴さんが質問する役割で参加します。
2024/6/1 (土) 14:00-
2024/6/2 (日) 14:00-

 

2. 『イヤフォン』

土田高太朗(美術・出演)、長沼航(後見)

《上演の日程》
2024/5/30 (木) 20:00-
2024/5/31 (金) 18:30-
2024/6/1 (土) 18:30-

*この劇は過去には『線』として上演されました。

 

3. “curry”

野田帰里(出演)、土田高太朗(出演・美術)、長沼航(美術協力)

《上演の日程》

2024/6/2 (日) 18:30-

《注意》食べ物の提供はありません。

 

代金 一つの上演につき1300円

 

予約 メール fukahxtai@gmail.com まで1. 予約する上演、2. 人数をお伝えください。定員の確認のため、返信をもって予約の完了となります。当日に料金を精算します。

 

何をするのか、などわからないことがあれば気軽にお聞きください。

土田高太朗
contact : fukahxtai@gmail.com

 

井出明日佳
2001年生まれ。『袖のところにも刷ってもらった』(2022)に出演。

長沼航
俳優。1998年生まれ。散策者とヌトミックの2つの団体に所属しつつ、俳優の立場から演劇やダンス、現代美術などの幅広い領域で、パフォーマンスの創作・上演に関わっている。2024年は引き続きインタビューをたくさんしたい、自宅のハード/ソフトを整えたい、1曲くらいはダンスチューンをリリースしたい。最近の企画に『フライング・ディスク🥏』(2023-)、『歳末』(2023)、出演作にNanori『Nanori1』(2024)、ヌトミック× 2.5 architects『しらふの地先へ』(2024)など。

野田帰里
1999年生まれ。俳優。最近は人間の条件『四谷心中』(2023)『桜の森の満開の下』(2024)、TeXi’s『夢のナカのもくもく』(2023)などに出演。人間の条件に所属し、コピーライティングやHP制作も行なっている。土田氏とは確かパスタを食べたことがある。

土田高太朗
1998年宮城県仙台市生まれ。『線』(2022)、『袖のところにも刷ってもらった』(2022)、『柱を立てる』(2021)などの劇を制作。新聞家『とりで』(2023)、『保清』(2020)、スペースノットブランク『言葉とシェイクスピアの鳥』(2024)、村上慧『革命をもくろむものたち』(2024)などの制作に参加。舞台美術家として覚えておくことの領域に劇を作り、覚えておくことを劇にする。

阪本皓貴
2001年生まれ。東京大学大学院数理科学研究科に在学中。離散群のエルゴード理論的・確率論的な側面に興味を持ち研究を行っている。